Rich Richer Richest

カメラ / レンズ / 写真 / 名古屋 / ライフハック / 思い付き / 猫 ライフログで暮らしをRichに!

結局RawかJPGか

f:id:mocchipa:20181120193103j:plain

最近、子供の教育の為に、Adobe CC のサービスに入った。← 子供笛吹けど踊らずで解約する話になってきたが。
 
せっかくアカウントあるんだからと、Lightroom いじろうと最近たまにRawで撮影している。
 
こないだ子供の七五三があり、せっかくの記録だから、失敗防止にRawで記録しておいた。
久々じっくりD7200のファイルをRaw現像してみて、なるほど!こんなに情報持ってるのね。
だからみんなRaw現像するんだぁ~ と今更ながら(笑)
 
上がjpg撮って出し。
 
下がLightroomから現像したもの。

f:id:mocchipa:20181120193123j:plain

f:id:mocchipa:20181120193133j:plain

空のところ見ると、撮って出しは完全空飛んじゃってる。
実際はこれだけ豊かに情報を持ってたんですね。
 
いや、僕もD7000使ってた頃ぐらいまでは、Rawで撮って現像してたんですよ。
Raw撮りはデメリットもあって、jpg で撮ってPhotoshopで仕上げるっていうスタイルが定着してたんですよね。
 
ただ、Raw現像をやってみてやっぱり思いました。
 
めんどくせ~
 
ファイル重て~
← 特に最近どれも高画素機になってきたので。
 
Rawから仕上げる凄さはわかったんですけど、これはjpgでなんとかズボラできないもんかという発想になっている。
 
こんな記事も見つけた。
 
なるほどね!ダイナミックレンジ拡大の為に、コントラスト設定を最弱にして、画が眠くなる分彩度を上げて補う。
 
原理的には、理想的な撮って出しJPGが吐けたらRawファイルは要らんよな。
Rawが凄い凄いと言っておきながら、方向的には、理想的なJPGファイルを作るための研究してゆきたいと邪なことを考えている。
 
同時に、素直に保険でRawで撮った方がいい場合もある事身に染みたので、カメラのファンクションボタンに、画質設定にすぐにアクセスできるメニューを追加しておいた。
 
Rawで撮っておいた方が断然いい被写体ってのがやっぱある。
例えば青空とか。
空は、JPGから弄ると簡単にトーンジャンプしちゃって調理しにくい。
 
明暗の輝度差が大きい被写体もRawのがいいかもね。
 

まとめ

  • あらためて、Rawの情報量に恐れ入った。
  • PCからスマホ中心の生活となり、Rawファイルを弄ってゆくのが億劫。
  • 下手くそな現像なら、カメラの撮って出しの方が画作り上手い事がある。
  • 現像したら結局JPGなので、原理的には撮って出しでも綺麗な画が作れる←はず
  • 保険には間違いなくなるので、勝手のわからん被写体はRawの方がいいかもしれん。
  • 結局どっちも使いこなせたらいいんじゃないかという話。
Adobe Lightroom CC
無料
(2018.11.20時点)
posted with ポチレバ