Rich Richer Richest

カメラ / レンズ / 写真 / 名古屋 / ライフハック / 思い付き / 猫 ライフログで暮らしをRichに!

光学(高額)アセット Leitz Noctilux-M 50mm F1.0

↑ こないだヨドバシでポケトーク触ったけど滅茶苦茶凄かった!
まるでリアル翻訳こんにゃく。海外旅行へ行く人は絶対買いですね!

f:id:mocchipa:20190402174923p:plain

カメラオタクのあこがれレンズ。

いつものお店で、カメラオタク憧れのハイスピードレンズ Leitz いわゆるライカの超高級レンズですね。

Noctilux-M 50mm F1.0

F1.0がどんだけ明るいかというと、ちょっと良い単焦点レンズ 50mm F1.4 よりも2倍の明るさです。

F1.4より、露出1段 1EV 明るくなります。

ISO800で撮らなければならない場面が、ISO400で撮れるんです。

まあ、たったそれだけとも言えるし、そんなにも?とも言えるわけです。← 費用対効果としてね、、、

蛍光灯照明の室内で ISO100 1/60sec ぐらいで撮れると言えばカメラ好きな人ならピンとくるかも知れません。

気になるお値段は。

これの定価は知らないんですよねぇ~

現行の50㎜ F0.95 は 140万円ほどするらしいです。

本品は、惜しくもちょと汚れや曇りあるジャンク品でお値段60万円

f:id:mocchipa:20190402182509p:plain

マップカメラさんのWebを覗いてみると、70万円台~という感じでしょうか。

本品はE60と書いてあり、形状からすると前期型でしょうかね。

よく知りませんが。

レンズは光学アセット(資産)。

これはもう、レンズ沼の住人には常識的な考え方ですね。

ボディーに比べ、レンズというのはモデルチェンジのサイクル長く、中古市場で売ると、買った値段のかなりの部分が返ってくるのです。

購入価格 - 中古市場の相場価格 = 本当のレンズの値段

この公式は覚えておくと心のリミッター外しやすくなりますよ(笑)

しかしこのクラスになると、本当に光学資産という感じはいよいよ強くなりますね。

カビや曇りに気を付けて使えば、本当に資産でしょう。

下手すれば、今後値上がる可能性もあり、そういう意味で投機対象とも言えますね。

日本にテポドン撃ち込まれて日本円の価値が暴落しようとも、このレンズの価値は落ちない訳です。

 

 

f:id:mocchipa:20190402182834p:plain

 

作例です。

Noctilux-M 50mm F1.0 Leitz

Noctilux-M 50mm F1.0 Leitz

 

Noctilux-M 50mm F1.0 Leitz

Noctilux-M 50mm F1.0 Leitz

Noctilux-M 50mm F1.0 Leitz

Noctilux-M 50mm F1.0 Leitz

Noctilux-M 50mm F1.0 Leitz

 

Noctilux-M 50mm F1.0 Leitz

Noctilux-M 50mm F1.0 Leitz

 

まとめ

お店の中なので、撮れるものも限られますが。

ピントは流石薄いですね。

ビネットはまあそりゃ凄いです。

樽歪も結構強烈ですね、、、

現代のレンズと比べるとそりゃ負けてる部分が多いんですが、使っていると良いレンズで撮ったっていう高揚感がありますね。

いつかは欲しいな~ともあまり思わないですけど、お金沢山持ってたら資産の一つに買ってもいいのかなとは思います。

ちなみに、僕が持っているのは中国の光学メーカー 七巧匠 7artisans 50mm F1.1 です。

こちらは Poorman's Noctilux と言われております。

f:id:mocchipa:20190402184105p:plain

色々突っ込みたくなるような描写の部分もあるんですけど、案外楽しめるレンズです。

お値段は Noctiluxの 1/10 です。

よかったらそちらもお楽しみください!

 7artisans 50mm F1.1 + SONY a7II

7artisans 50mm F1.1

 

七工匠 7artisans 単焦点レンズ 50mm F1.1 国内正規品 (ライカMマウント) (ブラック)

七工匠 7artisans 単焦点レンズ 50mm F1.1 国内正規品 (ライカMマウント) (ブラック)