Rich Richer Richest

カメラ / レンズ / 写真 / 名古屋 / ライフハック / 思い付き / 猫 ライフログで暮らしをRichに!

【読書メモ】死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発 門田 隆将

f:id:mocchipa:20200221101313j:plain

 あの日福島第一原発でなにが起きていたのか。

インタビューから紡いだドキュメンタリー。

本物のヒーローたちの物語だった。

最悪のシナリオは格納容器が冷却不能で爆発して放射性物質が飛散してしまう。

放射能で近づけなくなり残りの原子炉の継続冷却が不能になる。

福島第一原発放射性物質の大量発生地になれば、そこに近い福島第二原発も同様の事態なる。

福島第二が駄目になれば茨城県の東海原発も作業不能となり、関東一帯が放射能汚染。

チェルノブイリの10倍以上の災害規模になるところだった。

 

そこをギリギリのところで文字通りの命がけで食い止めた人たちがいた。

人間はこういう究極の極限状態に置かれると試されますね。

自分は死んでも共同体を守りたいという強い意志は本当にどこから湧いてくるんでしょうか。

本能として備わっているものなのか、文化が育むものなのか。

根っこの部分では神風特攻隊の精神と同じかもしれない。

そして偶然にも、福島第一原発の建てられた地が、神風特攻隊を訓練する飛行場の跡地だったという。

 

読んでいると涙が止まらない。

想像を超える現場の頑張りがあって最悪を免れた。

 

この事故も、映画シンゴジラ的な側面も見える。

現場と官邸の攻防。

ロッコ問題のような選択と決断。

大災害を前に、どういう組織デザインであるべきなのかとか考えさせられる。

吉田所長が信念をもって何をすべきかを貫いたので最悪を免れた。

官邸の指示に従っていたら最悪を迎えていたかと思うとぞっとする。

 

そして、この本の良さは可読性の高さです。

ノンフィクションでありながら、とても読みやすく書かれています。

 

原発容認派も原発反対派も、イデオロギーを超えて是非多くの人に読まれて欲しいです。

 

この本も Kindle Unlimited で読める。

このKindle Unlimitedで史上最高に読書が手軽になっている時代だと思います。

以前記事にした超高速読書法ももしよかったらご覧ください。

www.richardh.work

 

↓今、Kinlde Unlimited 2か月 199円のセールやってますよ!